海外FX業者選びで気をつけたいポイント

為替相場は誰でも簡単に見ることが出来る


FXは、通貨の交換を行なうことによって投資としての利益を出すことができる取引です。円やドル、ユーロなど世界各国の通貨と比較して相場が出され、その相場を参考にしながら取引をすることになりますが、こうした為替相場は誰でも簡単に見ることが出来るようになっていますので、取引に参加するための敷居が非常に低いのです。実際、FXほど簡単に利益を出すことが出来る投資はありません。

なぜかと言うと、FXでは金利を利用することができるからです。金利と言うのは、銀行などの金融機関で良く利用される概念ですが一定の期間を経過するごとに元金に対して付加されていくお金の事を言います。


いくら英語ができないとはいっても、FXの取引で使われるような英単語は、ちょっと一冊本でもあれば、もしくはネットで調べながらでも十分対応できるのではないかと思います。けれども何かトラブルが起きた時に、カスタマーサポートを利用する段階になったらどうでしょうか。英語に自信のない方は、難しい状況に追い込まれてしまうかもしれません。

XMは取引画面が日本語である、といった程度の日本語対応ではなく、カスタマーサポートにおいて全面的な日本語対応を約束しています。マーケットが開いている営業時間中は24時間対応なのも嬉しいところです。

オンラインでの約定率は執行率100%、約定拒否なしと申し分なく、取引の種類も豊富。コストをかけずに取引ができるので、外貨預金のかわりにスワップポイントの受け取りによるFX長期投資を選択するのもおすすめです。
giuy
初心者にも人気があるBinary88(バイナリー88)は、日本人が扱うのに適すように意図されたものです。初心者でもまず「デモ口座」を使って実際の取引の体験が50000円の投資でできるということも人気のある理由の一つでしょう。

また、口座の開設が迅速にできることも好評です。初心者にとっては1000円から一回の取引が可能であることも負担が少なくありがたいです。取引画面も操作性がすぐれていて、取引を戸惑うことなく行えます。日本人向けに作ったとも言われています。リアルタイムでの情報を確認しながら取引を行うことができるよう、同時に四つのチャートを表示可能な取引画面が60セカンドでは採用されています。
g97
アイフォレックスの知名度が高い理由としては、日本向けのFXサービス提供が海外業者の中でも早い時期に開始されたということがあげられるでしょう。その分トレーダーからの信頼も厚く、初めての取引で利用して、そのまま長年使っているというトレーダーも多いようです。

アイフォレックスのトレードプラットフォームは、安定した約定と高機能を約束するダウンロード型のFXネットトレーダー、自宅以外の環境でもトレードチャンスを逃さないブラウザログイン型のFXネットビューワーが用意されており、スマートフォンの取引にも対応しています。チャート上から直接注文を出せる「クイック注文」は特に評価の高い機能。多数のテクニカルチャートを同時に表示することもできるので、高度なテクニカル分析にも適しています。
h7xx
バイナリーオプションは、ポジションを購入してから決済までの時間が短いことが特徴のオプション取引です。といっても、以前はどんなに短くても15分程度だったのですが、近年トレードラッシュが、購入から1分後には決済されるオプションを開始。基本的にトレンド相場における価格予測は短期であればあるほど簡単であることから、爆発的な人気を得、他社でも同様のサービスが見受けられるまでになりました。トレードラッシュの1分間取引は、最大181%のペイアウト率も魅力です。口座開設は無料、1コインからの購入が可能で、取引方法は「上昇」か「下降」のどちらかを選んで購入金額を入力するだけ。スマートフォンでの取引も可能なので、ちょっとした隙間時間を使って利益を獲得することも可能です。

もっと余裕をもって取引をしたいという方でも、最長30日間まで取引バラエティに幅があり、取引のカスタマイズが可能なオプションビルダーもあるトレードラッシュなら、必ず満足のいく取引をすることができるでしょう。対象になる商品も、基本の通貨ペアはもちろん、商品先物、株価指数、そして最近登場した「Pairs」と、ラインナップが充実しています。Pairsとは、企業の株価を1つずつ追うのではなく、2つの企業の株価をレートとして表示した面白い取引。 例えば「マクドナルドvsスターバックス」「Facebook vs Twitter」「Amazon vs eBay」などがあります。値動きの面白さと興味深さから、今後人気を増してくる可能性が高い取引といえます。新しい取引にチャレンジしたいと思っていたアドバンストレーダーの方には嬉しいチャンス到来ですね。
gu76



例えば、銀行に定期預金としてお金を100万円を預けたとします。このお金に金利が1%発生すると言われた時には、1年後には101万円のお金として手元に返ってくることになるわけです。金利は1年と言う単位で見た付加価値の事を言いますので、年利とほぼ同じ概念と考えて間違いありません。

そして、金利で得た利益を月の数だけで割ったものが利息になります。基本的に、FXのような投資はこう言った金利と非常に相性が良いと言う事を知っておいて損はありません。それは、投資そのものが長期的な期間を見込んで出資をすることを前提として考えられているからです。

投資と言うのは、企業や国の将来的な経済的な成長を考慮に入れてお金を出資する事を言いますので、短期的な期間で行なう取引とは意味合いが異なっています。FXは投資として紹介される事が圧倒的に多いように本来は投資としての意味合いが非常に濃いので、長期的な期間を見込んだ金利とは非常に相性が良いわけです。

実際、FXには通貨同士の金利差を活かしたスワップ取引という取引の手段があります。FXの場合では通貨ごとに設定されている金利が異なっていますので、取引をするときに金利の差が生じることになります。

例えば、金利が1%しかない通貨から金利が5%以上の通貨に交換するとここには4%以上の金利が生じることになります。日本国内でお金を預けるようなときでも1%以上金利がつくことはほとんどありませんが、外貨を利用した取引をすると国内で得ることが出来る金利よりも数倍以上の利益を受け取ることができるので、何もしなくても大きな利益を獲得することができるわけです。

金利は期間が経過すれば勝手に口座にお金が振り込まれるものですので、難しい知識も要求されません。だからこそ、FXでは投資初心者であっても結果を出す人が多いのです。

先物取引

先物取引と聞いてあなたはどんなイメージを抱きますか?『先物取引でしっかりと儲けたよ!』という方もいれば『先物取引しなければ出費も抑えることができたのに・・・』と嘆く方もいますが、この先物取引とはどのような仕組みになっているのでしょうか?今回は先物取引の基本的な仕組みをまとめましたので解説したいと思います。

■先物取引の仕組みやルールはどうなっているの?

先物取引はその名からも大体イメージできると思いますが、現在の価格で未来において商品の売買を行うというものです。これだけでは、わかりづらいと思いますから、もう少し詳しく説明していくと価格変動がある商品というのは世の中にたくさんありますよね?

例として挙げてみると、宝飾品の原材料となるゴールドやプラチナなどの貴金属をはじめ、ガソリンや原油、食料品でいえばトウモロコシ、一般大豆、小豆なども価格変動がある商品です。これらの価格変動がある商品というのは当然のことながら安い時期もあれば、高い時期もあるわけですが、先物取引はこの価格変動に関係なく『今現在の価格で将来的に購入するよ』という売買契約を結びます。

ガソリンの例で挙げてみると1リットル140円のガソリンが将来的に値上げしそうだなと感じたら『今』のうちに50リットル分予約しておきます(7000円)。そして、半年後にガソリンは予想通り1リットル180円にまで値上げしました。ここが先物取引で利益をあげるチャンスとなります。

180円に値上がりした時に、ある人が『ガソリン50リットル分欲しいんだけど(9000円)』とガソリンスタンドに訪れてきました。この時に将来的に買うと約束したガソリンをガソリンスタンドなどに仲介してもらい、ガソリンを必要としている人に180円の価格で売却することができます。

50リットル7000円で購入すると約束したガソリンは値上がりした180円の50リットル分=9000円で売ることができるわけですから、この例でいうと約2000円の利益が自分の手元に入ることになります。これが、基本的な先物取引の仕組みとなります。また、先物取引は買いヘッジ、売りヘッジを見極めることが大切とされています。

買いヘッジとは将来的に絶対値上げしそうだなという商品を現段階の値上げ前価格で購入することで値上がりによる損を防ぐことです。つまり、他の人は値上がりした状態で商品を購入しなければいけないけど、先物取引をしていた自分は値上げ前の価格で購入できるということですね。売りヘッジは買いヘッジの逆で将来的に値下げしそうな商品を値下がり前の値段で売却することです。

先ほどのガソリンスタンドの例で見ると、1リットル180円のガソリンが1リットル150円まで下がるとしましょう。ガソリンスタンド側から見れば『今の180円の価格で将来的に購入してもらうよ』という売買契約を結んでおけば、将来的に予想どおり150円に値下がりしてもガソリンスタンド側は180円の価格でガソリンを売却することができますから損することはありません。

これが、売りヘッジというものです。また、先物取引はよく『株と同じじゃないの?』という声も聞かれますが、株の場合はその企業が倒産しない限り保有しておくことが可能ですが、先物取引の場合は期日が決められています。

この期間内であればいつでも売買することが可能ですが、期限になったら自動的に決済されるルールとなっているため、値上げや値下げがどのタイミングで起こるのか?、というのもしっかりと予測しておく必要があるともいえるでしょう。先物取引の魅力や注意するポイントはまだまだ多くありますが、まずは初心者はこの基本をしっかりと学ぶことが大切となります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。