海外FX業者選びで気をつけたいポイント

60秒オプション取引を世界初に開始したTradeRush

hi874 世界で最初に60秒オプション取引を開始したTradeRush(トレードラッシュ)のバイナリーオプションとは? 

このサイトにはいろいろな利点があります。プラットフォームが取引画面の真ん中に大きく示されるので取り扱いが楽なこと。500円という少額投資から取引が気軽にできること。リスク管理が簡単であることなど、その長所はいろいろとあげることができます。

オプション取引をするときには、「ロールオーバー」と言って判定時間を延長してリスク回避する便利な機能や、オプションビルダーというペイアウト率や満期の取引時間をある程度まで自分好みで設定できるシステムもあり、トレーダーが必勝法を立てるのに役立っています。ハイローオーストラリアの投資リスクを軽減するのを念頭に利用している方や、バイナリオプションの初心者からの世界中から賛辞が寄せられています。

それに加え、サイトではすべてが日本語対応されているので、メール・電話・チャットのサポートもすべて日本語でスタッフが対応するので便利かつ安心です。

取引の上でのメリットの一つに、入金や判定時間のタイムラグが少なく、機能が一定である点が挙げられます。ただプラットフォームの時間帯が、ヨーロッパのタイムゾーンで表示されているので、日本時間と取り違えないように注意をしておく必要はありますが。

そして、初回の入金を済ませれば、トレードラッシュのデモ口座を使うことが可能になります。デモ口座は本当のプラットフォームと同じで、チャートの数字や取り引き画面をまずトライしてみることができます。

トレードラッシュで出金するときには、サイトにログインしてから、銀行名と銀行口座を『マイアカウント』の『払い戻しリクエスト』から打ち込むことができます。運転免許証など身分証明証のコピー、または携帯電話で撮った写真などの本人確認書類は用意しておかなければなりません。また、出金時には必ずサポートに連絡を入れる必要があるのを忘れてはいけません。

手数料に関して言うと、銀行送金にせよクレジットカードにせよ、月に1回では無料となります。それ以上の回数になると、3,000円(30ドル)が手数料として掛かってきます。クレジットカードの場合は返金扱いなので、もし入金額以上の出金をする場合には銀行送金という形になります。

銀行送金を行なう場合には、手数料が別途かかります。それは日本の銀行で受け取る際に、1,500円ほどとなります。そして外貨を換金する際には、毎日変動する銀行のレートによりますので、相場も見ておくことを忘れないようにしましょう。

場合によっては、取引金額が一定の枠以上でなければ引き出せないなど、出金にキャンペーンの条件が適用されているものがあります。出金の条件がある場合にはしっかりと気をつけておくべきです。